NIFREL(ニフレル)

各施設を見る

  • NIFREL(ニフレル)
  • OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカ イングリッシュ ビレッジ)
  • ポケモンEXPOジム
  • Orbi(オービィ)
  • ENTERTAINMENTFIELD(ひつじのショーンファミリーファーム)
  • 109シネマズ大阪エキスポシティ
  • ANIPO(アニポ)
  • REDHORSE OSAKA WHEEL(オオサカホイール)
  • ららぽーとEXPOCITY
  • H.L.N.A ZONE(エイチ・エル・エヌ・エー ゾーン)
  • RHC Ron Herman(アールエイチシー ロンハーマン)

Information

営業時間/
10:00~20:00
当日入館料/
大人=1,900円
小中学生=1,000円
幼児(3歳以上)=600円
最終入館時間/
19:00まで
ニフレルインフォメーション/
0570-022060(ナビダイヤル)
公式サイト/
http://www.nifrel.jp/

海遊館が初プロデュース、生きているミュージアム!
感性を豊かにし、心が温かくなる場所

『NIFREL(ニフレル)』は、水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむように、生きものや自然の魅力を直感的に楽しめる工夫を凝らしています。

コンセプトは「感性にふれる」。
地球が育む多様ないのちと個性が、今までにない造形物や空間、照明、映像、音楽と融合する空間展示「インスタレーション」を用いて表現し、子どもはもちろん大人の感性をも刺激し心を豊かにします。

「生きものを見ること」の楽しみ方を、次のステージへ

「水族館」や「動物園」に対する共通のイメージが出来上がっていませんか?ダイナミックな海の姿は海遊館でお楽しみいただけるからこそ、ニフレルではアートを楽しむかのように、直感的に感じ、より身近に楽しむという新しい視点で「生きものを魅せる」にチャレンジします。

テーマごとにまったく異なる世界が広がる7つのゾーン

それぞれの生息環境に適応し、色彩や形状、特別な能力などを身に付けた生きものたち。その個性や不思議な魅力を、ニフレル独自の視点で切り取った「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」がテーマ。例えば「いろにふれる」ゾーンでは、直感的に「色」に注目していただける仕掛けがあるなど、そのテーマが「楽しみ方のヒント」になっています。それぞれのゾーンに入った瞬間から、新鮮な気持ちで、思いをめぐらせて楽しんでいただけます。

ニフレルでは、館内のカフェやショップ、フォトスポットに至るまで、五感でワクワクできる様々な「にふれる」体験を楽しめる内容を予定しています。お楽しみにしてください。

*上記の写真・イラストは全てイメージです

PAGETOP